烏帽子岳、湯の丸山の麓長野県東御市で葡萄栽培をしています


by cosyfarm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

摘房&摘粒

d0136664_204175.jpg

           房の良し悪しが確認できるぐらいの時期になったら
           房を適切な量に整理していきます。残るのは約5分の1
           ぐらいでしょうか。一所懸命房きりをして5分の4も落として
           しまう・・・、もったいないような残念なような、でもこれが
           今の有核巨峰の栽培方法です。
           そして残った房の摘粒作業。一房の粒数を35~40粒に。
           長い房は少し切り縮めたり、飛び出している粒を取ったりと
           房の形を整えていきます。やはり見た目も大事ですからね。

[PR]
by cosyfarm | 2008-07-23 20:39 | 葡萄のあれこれ