烏帽子岳、湯の丸山の麓長野県東御市で葡萄栽培をしています


by cosyfarm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

草刈る日々

d0136664_21175886.jpg

          作物を育てる上で敵になったり味方になったりする「草」。
          農業は草との戦いだ、なんて声も聞かれます。
          草の処理は作物や栽培方法によっていろいろ。
          うちでは草をひたすら刈るという方法を。
          そこで我が家で活躍してくれているのが乗用モアと
          刈り払い機(通称ビーバー)。乗用モアはゴーカートタイプで
          車体の下の部分に回転する刃が付いていて畑の中を走って
          草を刈る物。刈り払い機は肩から掛けて棒の先に回転する
          刃が付いていてそれを左右に動かして草を刈る物。
          広い面積を刈るには乗用モアで、畑の隅などは刈り払い機で。
          これから秋まで伸びては刈り、また伸びては刈る。
          この繰り返しです。

[PR]
by cosyfarm | 2008-05-21 21:42 | 葡萄のあれこれ